部品の総合商社 新栄商会 笑顔の写真
   
 
主なゴムの特徴とその用途
ここでは、ゴムの特徴とその用途について、種類別に紹介していきます。
週一度更新していきます。
 
天然ゴム ■アクリルゴム(ACM)

高温条件で使う場合、フッ素ほど高性能を求めない場合に
アクリルゴムを使うという場合が一般的です。

1.メリット

シリコーンゴム、フッ素ゴムに次ぐ耐熱性があります。
フッ素ゴム、ニトリルゴム、ヒドリンゴムに次ぐ耐油性をもっています。
特に高温化での耐油性は、二トリルゴムやヒドリンゴムより優れています。
比較的廉価なので、コストパフォーマンスにも優れています。
最近ではゴム部品に対して、これまで以上の耐熱性と耐油性が要求される分野が
増えつつあるため、アクリルゴムの需要量はさらに増加する傾向にあります。



2.デメリット

水や一部のエステル系合成油に対しては、著しい膨潤を伴う軟化が生じることがあります。
高温長時間の二次加硫(170℃、3〜15時間)を必要とします。
一般的に加工性が劣り、金属腐食性があります。
機械的強度、耐寒性、加工性、ゴム弾性が悪いですが、
これらの問題点を改善されたグレードもでてきています。



3.おもな用途

・自動車を中心とした各種シール材、ガスケット、パッキン、ホース
・自動車のトランスミッション、クランクシャフト関係のパッキンやシール、バルブシステム、オイルデフレクターなど。



4.基本性質
※メーカーによって数値は変わってきます。以下の数値は一般的な数値です。

(1)原料比重 1.09 〜 1.10

(2)硬  度 65 〜 85HS

(3)耐熱性(最高使用温度) 150℃

(4)耐寒性(最低使用温度) 0 〜 -15℃

(5)引っ張り強さ 70 〜 120kg/cm3

(6)伸び率 100 〜 600%

(7)反発弾性 △

(8)耐摩耗性 ○

(9)圧縮永久歪み ○

(10)耐老化性 ◎

(11)耐水性 △

(12)耐オゾン性 ◎

(13)接着性/金属 △

(14)接着性/織物 △

インプレンゴム
スチレンゴム
ブチルゴム
ブタジエンゴム
エチレン
プロピレンゴム
ニトリルゴム
クロロプレンゴム
ハイパロン
ウレタンゴム
シリコンゴム
フッ素ゴム
アクリルゴム
エピクロン
ヒドリンゴム
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
  
  
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
TOP会社概要サービス概要採用情報パートナー募集お問い合せ
(C) 2002 K-Plaza Co., Ltd. All Rights Reserved.