部品の総合商社 新栄商会 笑顔の写真
   
 
主なゴムの特徴とその用途
ここでは、ゴムの特徴とその用途について、種類別に紹介していきます。
週一度更新していきます。
 
天然ゴム ■二トリルゴム(NBR)

1.メリット

ニトリルゴムは、アクルロニトリルの含量によってゴムの特性が決まります。
ニトリルの量が増加するにしたがって、鉱油系の油、炭化水素系の燃料に対する抵抗は良くなり、低温柔軟性は悪くなります。

圧縮永久ひずみ、引っ張り強さ、耐磨耗性が比較的に良いため、シール材として向くものの一つです。
 


2.デメリット

耐候性は良くないので、ストックしておく際は光が当たらないように箱に入れるなどをしてて保管します。





3.おもな用途

・Oリング、オイルシール、ガスケット、耐油ホース、コンベアーベルト、印刷ベルト、紡績用ロールなどの耐油製品

・油圧系統、圧力系統に使用される油、燃料、水、薬品などのシール




4.基本性質
※メーカーによって数値は変わってきます。以下の数値は一般的な数値です。

(1)原料比重 1.00 〜 1.20

(2)硬  度 30〜90 HS

(3)耐熱性(最高使用温度) 100℃

(4)耐寒性(最低使用温度) -10〜-20℃

(5)引っ張り強さ 50〜250kg/cm3

(6)伸び率 100〜700%

(7)反発弾性 ○

(8)耐摩耗性 ◎

(9)圧縮永久歪み △

(10)耐老化性 ◎

(11)耐水性 ◎

(12)耐オゾン性 ×

(13)接着性/金属 ◎

(14)接着性/織物 ○

インプレンゴム
スチレンゴム
ブチルゴム
ブタジエンゴム
エチレン
プロピレンゴム
ニトリルゴム
クロロプレンゴム
ハイパロン
ウレタンゴム
シリコンゴム
フッ素ゴム
アクリルゴム
エピクロン
ヒドリンゴム
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
TOP会社概要サービス概要採用情報パートナー募集お問い合せ
(C) 2002 K-Plaza Co., Ltd. All Rights Reserved.